auひかりの価格2021!メリットやデメリットもしっかり解説!

 

こんにちは!

 

今回はネット回線のおすすめサービスをご紹介しますよ!

いわゆる固定回線ですね~auひかりです!

 

あのKDDIが提供している光サービスということで、知名度は抜群。

auユーザーにとっては、月々のスマホ料金が最大1,000円割り引かれる「auスマートバリュー」が適用されます。なので、auユーザーにとっては真っ先に検討する光回線だといえるでしょう。

 

ということで、内容を詳しく見ていきます!



 

結論:価格重視ならauひかり!

 

auひかりは少し料金体系が複雑です。

ですが、トータルで見た場合、価格が安いです。

 

また、auひかりは提供エリアや提供できる建物といった制限もあります。

そのあたりをしっかりチェックするようにしましょう。

 

auひかりのプランを紹介!

 

ということで、本題。

auひかりのプランを見ていきましょう。プランとしては大きくわけて二つあります。

 

・戸建てプラン

・マンションプラン

 

戸建てプラン

 

戸建て(ホーム1ギガプラン)の場合はプランは3つあります。

・3年契約「ずっとギガ得プラン」
・2年契約「ギガ得プラン」
・契約期間なし「標準プラン」

 

契約期間の縛りがどの程度あるかというところで検討していきましょう。

 

ずっとギガ得プラン(3年契約)

1年目 5,100円/2年目 5,000円/3年目 4,900円

ギガ得プラン(2年契約)

5,200円

標準プラン(契約期間なし)

6,300円

 

「ずっとギガ得プラン」が年を重ねるごとに安くなっていく料金設定となっています。契約期間が長いのであればなおさらですね。

3年住むとなれば、「ずっとギガ得プラン」と「標準プラン」では約8万円以上の差が出てしまうんですね。

なので、自分がどの程度住むかというところが決まっているならグッドですね。

 

テレワークにおすすめのプランがある!?

 

そして、ここで耳寄り情報。

テレワークが多いため、速度も充実させたいという方には、関東圏の戸建て限定で提供されるのが「ホーム5ギガプラン」と「ホーム10ギガプラン」です。

それぞれ、料金はホーム1ギガプランにプラスされます。

 

・5ギガ:+500円(3年間は割引で0円)
・10ギガ:+1,280円(3年間は-500円割引)

 

高速回線をかなり割安で利用できることになりますね。

 

マンションプラン

 

続いて、マンションの場合。

マンションタイプの場合は建物の環境によって決まってしまいます。

まずは、下記から提供できる建物なのかどうかチェックをしてください。

 

au公式サイト

 

料金表は以下になります。

提供タイプ 月額料金
V16/都市機構/G16/都市機構G 3,800円
V8/G8 4,100円
マンションギガ 4,050円
タイプE16/F(S) 3,400円
タイプE8 3,700円
タイプF 3,900円
マンションミニギガ 5,000円

 

新生活の方でマンションに引っ越しする方にとっては回線の速度も気になりますが、

戸建ての場合のように回線のスピードをアップするプランがありません。

これはマンションという建物の性質上仕方ありません。建物の環境に大きく依存してしまいますから・・・



 

工事費が無料!

 

そして、最後に初期費用についても理解する必要があります。

 

auひかりは多くの場合工事費が必要になります。

初期費用は契約事務手数料工事費があります。

 

契約事務手数料

3,000円(一律)

工事費

戸建て 37,500円/マンション 30,000円

 

工事費自体は他の回線と比べて少し高くなる傾向がありますね。

ですが、下記のプロバイダですと、工事費が無料に!!

 

公式特典!初期工事費実質0円!最大37,500円割引!おトクにauひかりをスタートできる!

 

チェックしてみてください。

 

メリットとデメリットは!?

 

ということで、プランを見てきました。

そのほかにもオプションがありますがさらにややこしくなるので、ここは割愛。

 

メリットとデメリットを整理しておきましょう。

メリット

プロバイダを8社から選ぶことができる。

auスマホユーザーは1,000円割引。

回線が安定。速度が充実など、比較的サービスの質がよい。

 

デメリット

工事費がほとんどの場合かかる。

限定地域でしか高速帯の利用不可。

マンションタイプに融通がきかない。

 

ケースとしてはauユーザーだけど、引っ越しする先のマンションがマンションタイプがないため、マンションタイプがない建物向けのマンションミニギガタイプでしか利用できないとなると、引したとしてもほかのサービスのほうが安い場合があります。そのあたりはじっくり比較したいところですね。

 

キャッシュバックもあり!窓口のおすすめは?

 

それではどの窓口でauひかりを申し込めばいいでしょうか?

 

窓口は大きくわけて、ネット、auショップ、家電量販店などの種類がありますが、

一番お得なのはやはりネットで申し込みでしょうか。

 

その中でもおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」の公式サイトからの申し込み。

最大61,000円の還元が受けられて、Wi-Fiルーターもついてくるキャンペーンが実施中です。

もしくは最大20,000円のキャッシュバックで月額割引というのもあります。

かなりお得ですね!詳しくは下記をチェックしてみてください。

【月額料金割引+キャッシュバック実施中】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

 

まとめ

 

ということで、auひかりについてでした!

 

かなり複雑なauひかりの料金体系。

要点を抑えて、無駄な部分は省き情報を提示したつもりですが・・・

オプションなどが絡んでくることこれまたややこしいですね・・・

 

しっかり検討していきましょう!

 

それでは!