IPv6とは?IPv4との違いは?初心者にもわかりやすく解説!

 

こんにちは!

 

今回は、気になるあの単語について調べたいと思いますよ!

その単語とは・・・IPv6です!

 

インターネット回線を決めるときに出てくるのがこの単語。一体なんなのか・・・何かの必殺技のような名前ですが苦笑

どんなものなのかしっかり確認することが必要ですね!



 

IPv6をわかりやすく解説!

 

それでは、さっそく結論から。

IPv6とは、一言でいうと、「2021年現在の最新のインターネットの接続方式」です。

 

IPとはインターネットプロトコルのこと。プロトコルは規約と訳せますね。インターネットの規約のバージョンが6である。IPv6はそのことをうたっています。

 

IPv4との違い

 

それでは、同時によく聞く、IPv4との違いをおさらいしましょう。

前述でいう、IPv6の6がバージョン6なら、4はバージョン4になります。つまり、古いということ。そう、インターネットの規約が古いんですね。

i phoneでもそうですね。数字が前のものは古いですからね。

実際、IPv4は1990年代後半からのインターネットの普及と共に広く使われるようになり、現在も引き続き使用されているものとなります。

しかし、これはアドレスの総数に限度があり、爆発的にインターネットが広まった今となっては、IPアドレスが足りなくなるという事態が発生したきたのです。

違いを表で確認しましょう。

IPアドレス アドレス長 割り当てられる数
IPv4 32ビット 約43億個
IPv6 128ビット 約340澗個

 

IPアドレス数の違いは一目瞭然です。

澗個(かんこ)という聞きなれない単語がありますが、IPv4の約43億個を「43億×43億×43億」倍にした実質無制限といえる数となります。

 

接続方式の違いもあり、IPv6のほうがより高速言われているんですね。わかりやすくいうと、モデムなどの終端装置を介さずに直接接続ができます。なので、高速通信が実現可能となるのです。



 

IPv6の確認方法は?

 

それでは、現在、IPv6の使用はしているのでしょうか?確認してみましょう。下記のサイトから確認可能です。

 

goggle test

 

ちなみに、私は今、wifiを使って記事を書いているのですが、テストしてみたところ、対応はしていないようでした。

ですが、こう文句として出てきたんですね。

IPv6 をサポートしているウェブサイトは問題なく閲覧できるはずです。

ん?サポートしているウェブサイト?!

 

おすすめはIPv4 over IPv6

 

そう、実は、IPv6に対応しているサイト、していないサイトというのがあるんですね。

いいことづくめのipv6ではありますが、このようなデメリットも存在します。googleやyoutubeはIPv6に対応しているけど、yahooやhuluは対応していません。

 

そこで、改善する方法として、IPv4 over IPv6があります。

IPv4 over IPv6は基本的にIPv6環境で通信を行いながらも、従来のIPv4アドレスでの通信もできるようにする技術です。IPv6にする場合はしっかりと確認するようにしましょう。

 

みんなの世論

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

ということで、IPv6についてでした!

 

うん、説明すればするほど、複雑ですね。

我々としては、そんなに細かいところまで覚える必要はなく、とにかく、インターネットは高速になるが、IPv4 over IPv6かだけを確認しろ!ということですね。

 

それでは!